プロフィール 公演嵐阨 4代目桂文我のおやこ寄席へ 何もないトップページへ

ご希望の方には商品に「桂文我」のサインを入れさせて頂きます。
また、貴方のお名前を一緒に入れさせて頂くこともできます。
ご希望の方は連絡事項欄にその旨をお書き添え下さい。
 買い物合計額: 0円 

分類名 and 検索キー   
[検索商品数:80]
商品画像 商品名 オプション 価格 個数
[122]cdx006
桂文我 上方落語全集 第一巻【下】
[一般向け落語CD]
   1,980円
「猫間川寄席」の雰囲気を、そのままで!
約15年間、大阪玉造 さんくすホールで、毎月開催されている「猫間川寄席」 での、四代目桂文我の口演を収録した落語集。書籍版「桂文我 上方落語全集」 に掲載したネタを、ライブ公演の録音で楽しみ、文字の落語と、実際 の口演との違いを再確認していただければ幸いです。

収録演目
素麺喰い (約25分)
猫芝居 (約11分)
外科本道 (約22分)
不動坊(約49分)
船弁慶 (約38分)
辻八卦 (約12分)
子ほめ (約19分)
米揚げ笊 (約30分)

CD 4枚 約205分

[121]cdx005
桂文我 上方落語全集 第一巻【上】
[一般向け落語CD]
   1,980円
「猫間川寄席」の雰囲気を、そのままで!
約15年間、大阪玉造 さんくすホールで、毎月開催されている「猫間川寄席」 での、四代目桂文我の口演を収録した落語集。書籍版「桂文我 上方落語全集」 に掲載したネタを、ライブ公演の録音で楽しみ、文字の落語と、実際 の口演との違いを再確認していただければ幸いです。

収録演目
網船 (約43分)
魔風 (約26分)
小倉船 (約33分)
小間物屋小四郎 (約42分)
田舎芝居 (約26分)
尿瓶の花括け (約39分)
寝床 (約56分)

CD 4枚 約262分

[120]book-012
桂文我 上方落語全集<第一巻>
[一般向け書籍]
   2,750円
芸能博士≠ニ呼ばれた桂米朝師(人間国宝)の系譜を継がんとする著者は、大師匠と同様に落語に関係する史料・文献を収集しまくる稀代のコレクターでもあります。現代では忘れられた噺を古文献から掘りおこし復元することにも取り組んでおり、噺家生活四十年で上演した噺は七百以上を数えます。
この全集では、そうした噺のなかから厳選したネタをテキストに起こし、本人解説付きで紹介しています。著者が収集した貴重な演芸資料も、できるかぎり写真で紹介しています。また、大師匠方との思い出話などを綴るコラムも読み応えたっぷりです。

内容

ごあいさつ
上方寄席囃子について

網船 あみぶね
小倉船 こくらぶね
小間物屋小四郎 こまものやこしろう
田舎芝居 いなかしばい
猫芝居 ねこしばい
子ほめ こほめ
素麺喰い そうめんくい
魔風 まかぜ
寝床 ねどこ
外科本道 げかほんどう
米揚げ笊 こめあげいかき
不動坊 ふどうぼう
尿瓶の花括け しびんのはないけ
辻八卦 つじばっけ
船弁慶 ふなべんけえ

四六判 288頁

[119]ehon-011
いちはちじゅうのもぉくもく
[絵本]
   1,430円
かめきちは、だんなのお気に入りのでっちです。
かめきちに手紙を言づけただんなさんは、手紙の表に「平林」と相手の名前を書いたのですが、かめきちは漢字が読めません。
そこで、とおりがかった人に読み方を聞くことにしました。
ところが、 ある人は「たいらばやし」、ある人は「ひらりん」、ある人は…。
子どもたちに大人気の落語を、愛らしい絵で楽しめます。

27×22cm  24頁

[118]ehon-010
らくごえほん ばしょうさんとかっぱ〜ぴっかぴかえほん〜
[絵本]
   1,430円
芭蕉さんに化けた河童が俳句を読む創作落語
今から約300年前、松尾芭蕉という俳句の名人がいました。すばらしい俳句をよむことで有名になり、あちらこちらでひっぱりだこの人気者となりました。
それをうらやんだのが、古池にすむかっぱ。ニセ芭蕉に化けて、てきとうな俳句をよんで、ごちそうにありつこうというのです。はたして、かっぱのニセ芭蕉のたくらみはうまくいくのか否か。

AB判/32頁

[117]book-011
笑福亭松朝の上方演芸百年噺
[一般向け書籍]
   1,650円
戦前、四代目桂米團治に稽古を付けて貰い、戦中は従軍、戦地で落語もし、九死に一生を得て帰国。戦後は五代目笑福亭松鶴に弟子入り。この苦難の人生が、百歳を前に最後のご恩返しと、上方演芸の歴史を語る。
落語界一の歴史コレクターでもある桂文我が、その貴重な資料を同時に公開。当時の様子が甦る。

目次
はじめに
笑福亭松朝
阪本氏、噺家を諦める
戦地の思い出
噺家との付き合い
阪本氏、浪曲を唸る
戦前の演芸見聞録 1
戦前の演芸見聞録 2
作家・永瀧五郎
浪曲と夏場の寄席
古本と写真
再び、戦地の話
復員後
ミナミの花月の思い出
キタの花月の思い出
吉本の雑誌『笑売往来』
お茶屋の思い出
上方はなし 上
上方はなし 下

四六判 180頁

[116]cdx004
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2
[一般向け落語CD]
   3,080円
収録演目
・岡崎誠:開演前の挨拶
・森乃石松:『動物園』
・桂文我:『能狂言』
・桂宗助:『稲荷俥』
・桂文我:『船弁慶』
・桂文我:『高台寺』
・岡崎誠:終演後の御礼

演目解説及び助演ご紹介
能狂言
三代目三遊亭圓馬の速記で残る『但馬の殿様』に改変を施して、上演に至った。
戦後、六代目三遊亭圓生が高座に掛けたり、三代目桂米朝が試演したぐらいで、極めて演者の少ないネタになったのは、能狂言が民衆の芸とは言えなくなったことで、パロディがわからなくなったことが要因ではなかろうか。
しかし、コント仕立てであり、楽しく演じれば、忘れ去られる落語ではなく、かなり楽しめるネタだと思う。

船弁慶
五代目笑福亭松鶴から五代目桂文枝(三代目桂小文枝)が受け継ぎ、十八番ネタに仕上げたことで、このネタの寿命が延びたようだ。
その後、二代目桂枝雀に伝わり、文枝一門と枝雀一門を主に語り継がれている。
雷のお松という、強烈な嫁のキャラクターの描き方が、この落語のポイントだろう。
その上、ラストの能掛かりになる場面も、古典芸能の素養が無ければ形にならない。
夏の暑さ、船遊びの情緒、登場人物のユニークさと、どれを取っても、上演するには難しい落語である。
噺家として、様々な要素を身に付けた所で、それらを表現できるのではなかろうか。

高台寺
冥土に旅立った母親が、息のある子どもを育てるため、飴を買いにくるという、「幽霊飴」の伝説は、日本全国に存在する。
実際、それに似たこともあったかも知れない。
仏教説話か、僧侶の説教から成立した話であろう。
落語に纏めたのは、京都の噺家だった二代目桂(文廼家)文之助と言われている。
短編で、小噺に近いようなネタだったが、それでは惜しいと考え、今回の上演のサイズのネタに仕立て直した。
コント仕立てのようで、実はドラマの要素が強く、アイデアより情を味わっていただく方が、聞く楽しみが深くなるように思う。
決して、滅んでしまう落語ではない。

助演 桂宗助・森乃石松
助演の桂宗助は、桂米朝の弟子の中で、「一番口調が米朝に似ている」と言われており、米朝落語を的確に伝えている。
また、森乃石松は、マクラの面白さが他の噺家とは一線を画し、骨太の高座も定評があるだけに、今後の注目株と言えよう。

CD 2枚 約139分

[115]ehon-009
桂文我のでっち絵本 お正月
[絵本]
   1,430円
今日は元日、おめでたい一日。
今年一年の幸せをねがって縁起をかつぐだんなさんですが、でっちのさだきちはヘマばかりで、だんなさんを怒らせます。
やっと縁起のいいことを言ってだんなさんを喜ばせるかと思いきや…。
子どもたちが大好きなでっちさんが出てくる落語の絵本。
愛らしい絵が、お正月気分を盛り上げます。

27×22cm 24頁

次の8件

★商品画像をクリックすると拡大図を見ることができます。 ▲管理者用